So-net無料ブログ作成

オセロ [RAM]

タイトル: オセロ
作者  : 大久保 良一
掲載誌 : RAM 1983年3月号
個人評価: ★★

※ RAM 1983年4月号 マシン語部分の再掲載

マシン語部分を LOAD 後に BASICプログラムを LOAD,RUN


カーソル上下左右移動 【@】【[】【¥】【^】
打つ 【スペースキー】
待った 【Q】

再ゲーム 【R】


・スタート画面
オセロ(83年3月号) スタート画面.png

・試合終了1 レベル0 VS 奥原オセロ(Ver2.1)試合モード
オセロ(83年3月号) 負け.png

・試合終了2 レベル10 VS 奥原オセロ(Ver2.1)試合モード
オセロ(83年3月号) 勝ち.png


強力な思考ルーチンを持つ。コンピューターオセロゲーム。
レベルは「0」~「10」の11段階(0が最強)選択可能。
当然、拙者の頭脳では歯が立たないので、プレーヤー勝ちのスクリーンショットを見るために、奥原オセロ(Ver2.1)と対戦させてみましたが…
なんと、アスキーオセロリーグ参加の奥原オセロ(Ver2.1)を負かしました!
オセロリーグは制限時間があるので思考時間を長くとれない制約があるとはいえ、予想外の結果でした。
Jr用最強のオセロソフトです。


nice!(0)  コメント(0) 

3次元迷路 [RAM]

タイトル: 3次元迷路
作者  : 丸山 君彦
掲載誌 : RAM 1981年9月号
個人評価: ★★★

迷路DATA を LOAD、後に BASICプログラムを LOAD,RUN

- キー操作(ゲーム部分) -
右を向く 【R】をインプット
左を向く 【L】をインプット
後ろを向く 【B】をインプット
進む 【1】~【21】をインプット 数字の数だけ前進します
迷路を見る 【M】をインプット
降参 【G】をインプット

・スタート画面
3次元迷路 ゲーム画面1.png

・ゲーム画面
3次元迷路 ゲーム画面2.png

・ゴール
3次元迷路 ゴール.png

・Map
3次元迷路 MAP.png


当時のパソコンゲームの定番、三次元迷路。
月刊マイコン版と違い、移動キー入力をインプットで行うため、いちいち【RETURN】キーを押さなければならないのが若干めんどうです。
でも、コチラは迷路作成モードが付いています。

nice!(0)  コメント(0) 

ルナ・レスキュー [RAM]

タイトル: ルナ・レスキュー
作者  : 森田 義人
掲載誌 : RAM 1983年1月号
個人評価: ★★★


ゲーム開始 【C】

左右移動 【A】【S】

発進 【ANY KEY】
攻撃 【L】

再ゲーム 【Y】


・タイトル
LUNAR RESCUE タイトル.png

・ゲーム画面1  下降中
LUNAR RESCUE ゲーム画面1.png

・ゲーム画面2  上昇中
LUNAR RESCUE ゲーム画面2.png

・Miss
LUNAR RESCUE miss.png

・CLEAR
LUNAR RESCUE BONUS.png

・game over
LUNAR RESCUE game over.png


タイトー「ルナレスキュー」のJr版
基本ルールは一緒ですが、着地地点が1ヵ所しかない、下降時に減速出来ない、宇宙機雷やメテオが無いなど簡略化されている。
当時は面白くあそんだのですが、今遊びなおしてみると オールBASICなので敵の数が少なく簡単に感じました。

ゲーム画面には「PROGRAMED BY TOTTOTI」と出ているのですが、記事の作者名が間違っているのでしょうか?

nice!(0)  コメント(0) 

改良版 クラス選択式ブロックゲーム [RAM]

タイトル: 改良版 クラス選択式ブロックゲーム
作者  : 村上 孝昌
掲載誌 : RAM 1980年10月号
個人評価: ★★


左右移動 【,】【.】

ワープ 【スペースキー】を押した後に左右移動キー

再ゲーム 【S】


・ゲーム画面  クラス1
クラス選択式ブロックゲーム ゲーム画面1.png

・ゲーム画面  クラス2
クラス選択式ブロックゲーム ゲーム画面2.png

・game over
クラス選択式ブロックゲーム game over.png


TK-80BSからの移植のブロック崩しゲーム。
最初にクラス選択があるのですが、クラスの違いは難易度ではなくボールの弾み方の
違いのようです。
TK-80BS版からの改良点はワープ機能で、パドル操作でないブロック崩しはボールに追いつけない場合があるのでワープは良い機能だと思いますが、スペースキーの後に方向キーはやりにくい。
【英記号】+方向キーにした方が良いのでは…
最大の問題点は、ボールの反射角度が90度のみなのでゲームが非常に単調な点です。
でも、当時のパソコン版ブロック崩しって大抵こんな仕様だった気もします。
nice!(0)  コメント(0) 

キーボードの練習にもなる モグラゲーム [RAM]

タイトル: キーボードの練習にもなる モグラゲーム
作者  : 田中 昭保
掲載誌 : RAM 1980年5月号
個人評価: ★★★

再ゲーム 【R】


・説明
キーボードの練習にもなる モグラゲーム スタート画面.png

・ゲーム画面
キーボードの練習にもなる モグラゲーム ゲーム画面1.png

・終了
キーボードの練習にもなる モグラゲーム end.png


キータイプ練習ソフト。ラ製に載った「反射神経ゲーム」と同じようなゲーム。
コレはキー入力の受付時間がだんだん短くなるのが特徴。
「反射神経ゲーム」が初心者向けなら、コチラは上級者向け。
一本指打法では高得点は望めません。

nice!(0)  コメント(0) 

五目ゲーム [RAM]

タイトル: 五目ゲーム
作者  : 井崎 順夫
掲載誌 : RAM 1981年1月号
個人評価: ★★★

※ 第2回 ベーシックマスター・プログラムコンテスト 入賞

ゲーム開始時に、ハンデ、何人で遊ぶか、先手後手、をインプット。

再ゲーム 【Y】


・スタート画面
五目ゲーム ハンディ.png

・ゲーム画面1
五目ゲーム ゲーム画面1.png

・ゲーム画面2
五目ゲーム ゲーム画面2.png

・終了 勝
五目ゲーム 勝ち.png

・終了 負け
五目ゲーム 負け.png


コンピューター五目並べ。
頭の悪い拙者で丁度良い低めの難易度。
思考時間は少々長めですが、実行時間を変えられるエミュレーターで遊べばストレスなく遊べるでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

ドラキュラ [RAM]

タイトル: ドラキュラ
作者  : 森 巧尚
掲載誌 : RAM 1982年12月号
個人評価: ★★★


ゲーム開始 【S】

上下左右移動 【I】【M】【J】【K】

十字架を投げる 【スペースキー】


・タイトル
ドラキュラ タイトル.png

・ゲーム画面1
ドラキュラ ゲーム画面2.png

・ゲーム画面2
ドラキュラ ゲーム画面1.png

・clear
ドラキュラ clear.png

・game over
ドラキュラ game over.png


少年を操りドラキュラを十字架や日光で退治するゲーム。
ドラキュラのアニメが良く出来ています。ゲームの難易度が少々高め。
上下移動できる場所がもう少し多ければ難易度が下がると思う。
ROUNDによってステージ構成が変わればもっと面白くなるかなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 

HEAD ON [RAM]

タイトル: HEAD ON
作者  : 小柳 明夫
掲載誌 : RAM 1979年11月号
個人評価: ★★★★

※ リスト抜け
 235 T1=0


ゲーム開始 【Y】

上下左右コース変更 【I】【M】【H】【L】

スピードアップ 【D】

・タイトル
HEAD ON  タイトル.png

・ゲーム画面1
HEAD ON  ゲーム画面1.png

・ゲーム画面2
HEAD ON  ゲーム画面2.png

・game over
HEAD ON  game over.png


セガの同名アーケードゲームの移植。
スピードアップ可能、2レーンコース変更可能等、学習コンピュータ誌に掲載された「HEAD-ON」より遊んだ感じが本家に近い。
1面クリアすると画面が白黒反転して見にくくなります。
たぶん、ケンリツの市販ソフトはこのプログラムがベースになっていると思う。
敵車が増えないのでゲームの難易度が低いのが難点。そのうち、プログラムを改造して敵車を増やそうと思っているけどいつになるやら…



nice!(0)  コメント(0) 

もぐらたたき [RAM]

タイトル: もぐらたたき
作者  : 山中 和巳
掲載誌 : RAM 1981年2月号
個人評価: ★★

ゲーム開始 【S】

モグラを叩く 【1】~【6】

再ゲーム 【A】


・タイトル
もぐらたたきプログラム タイトル.png

・ゲーム画面
もぐらたたきプログラム ゲーム画面1.png

・ゲーム画面 モグラを叩いたところ
もぐらたたきプログラム ゲーム画面2.png

・結果発表
もぐらたたきプログラム game over.png


モグラたたきのベーシックマスターL2/jr版。
6か所の穴からモグラが顔を出すので穴の番号を押す。制限時間は120秒。
時間切れ後にモグラを叩いた数が50匹以上かどうかでメッセージが変わる。
作者の意図した仕様かわかりませんが、モグラを叩いたときにキーを押しっぱなしにしておくと、モグラが顔を引っ込めるまで得点が加算され続ける。
なので、120秒間どれか一つのキーを押しっぱなしにしておけば確実に50点以上は獲得できます。

nice!(0)  コメント(0) 

CRAZY BALOON [RAM]

タイトル: CRAZY BALOON
作者  : 鳥取 澄生
掲載誌 : RAM 1982年4月号
個人評価: ★★★


八方向移動 【Q】【W】【E】
      【A】   【D】
      【Z】【X】【C】

再ゲーム 【スペースキー】

・ゲームスタート
クレイジーバルーン start.png

・ゲーム中
クレイジーバルーン ゲーム画面2.png

・ゴール
クレイジーバルーン goal.png

・game over
クレイジーバルーン game over.png


アーケードゲームからの移植。障害物を避けながら風船をゴールまで誘導するゲーム。
動かすキャラクターが少なく BASIC での移植が容易なのか色々な機種で発表されました。
テンキーのないL2/jrでは八方向のキー操作がちょっと難しい。
キー操作と揺れる風船の動きに慣れれば楽しいが、障害物の位置がランダムなので難易度が運に左右されるところが難。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。