So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

3-D グラフィックス [BMUG 会報]

タイトル: 3-D グラフィックス
作者  : 岩田 政二
掲載誌 : BMUG 会報 1983年冬号外
      マイコンBASICMagazin 1984年12月号
個人評価: -


デモ 【D】
データ作成モード 【U】

データ作成 【M】
データ呼出 【O】


・タイトル
3-D グラフィックス タイトルメニュー.png

・デモ 正六面体
3-D グラフィックス demo.png

・データ作成 四面体
3-D グラフィックス making.png


PLOT命令で作った三次元ワイヤーフレームソフト。
デモとして正六面体のデータがあらかじめ入っています。
ベーマガ掲載時は説明が分かりにくくてデモしか見ませんでした。
BMUG会報に新規データ作成例が若干詳しく載っているので、やっとソフトの使い方が解りました。

メモリ64Kの人はCALL$F009を使ってアニメーションさせると面白いかも。
暇があったらやってみようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

マダム・ヤン [テクノポリス&プログラムポシェット]

タイトル: マダム・ヤン
作者  : -
掲載誌 : テクノポリス 1983年10月号
    : マイコンBASICMagazin 1983年11月号
個人評価: ★★★★


ゲーム開始 【S】

上下左右移動 【I】【M】【J】【K】
コショー 【スペースキー】

再ゲーム/終了 【Y】/【N】


・タイトル
マダム・ヤン タイトル.png

・ゲーム画面
マダム・ヤン ゲーム画面.png

・ゲーム画面  コショーを振りかけ敵を撃退
マダム・ヤン コショー.png

・ラーメンを全て食してROUND CLEAR
マダム・ヤン clear.png

・敵に捕まり game over
マダム・ヤン  game over.png


敵から逃げ回りながらラーメンを食べるゲーム。
設定は面白いし、マシン語使用でゲームの出来も良く、非常に楽しく遊ばせていただいたゲームなのですが…

IMG_20190318_235349-1040x780.jpg

まさかの二重投稿!
ベーマガ12月号に謝罪記事、テクノポリス12月号の読者のご意見欄に、読者からの苦情と作者の謝罪文、編集部の見解が載っていました。
作者の謝罪文によると、先にベーマガに送ったが数か月たっても採用されなかったので、改良版をテクポリに送ったようです。
作者は謝罪文で謹慎、引退すると書いてありました。
ルール違反は大問題なのですが、この作者が以前ベーマガに投稿した作品は拙者のお気に入りのゲームで、他の投稿者とは一味違ったゲームを作るこの作者の引退はチョット残念でした。

ただ、もっと残念に思った事は
IMG_20190318_235418-1040x780.jpg

このプログラムが載ったことでANIME-BOYさん(紅林さん?)のプログラムが掲載されなかった事です!!
「FALCON VFI-S」というタイトルからして「マクロス」を題材にしたシューティングゲームでしょうか?
遊んでみたかったなぁ…

nice!(0)  コメント(0) 

BEM ATTACK [移 植 版]

タイトル: BEM ATTACK
原作者 : 葉留丹星仁
掲載誌 : マイコンBASICMagazin 1983年5月号
元機種 : JR-200


ゲーム開始 【S】

上下左右移動 【I】【M】【J】【K】
攻撃 【スペースキー】

・タイトル
BEM ATTACK タイトル.png

・ゲーム画面
BEM ATTACK ゲーム画面.png

・ゲーム画面 敵を撃墜
BEM ATTACK 撃滅.png

・game over
BEM ATTACK game over.png


迷路内で敵の攻撃を避けつつ攻撃するゲーム。
内容は単純ですが、結構楽しいゲームです。

プログラムは、PCG部分以外ほとんどそのまま移植することが出来ました。
そのまま移せなかったのは、L2/JrのBASICには「MOD」という割り算の余りを求める関数が無いので、数学が得意な友人に余りを求める式を教わった事くらいですかね。

簡単に移植できたので、燃料制にして時間制限をつけたらゲームがスリリングになって面白みが増しました。

nice!(1)  コメント(0) 

ミニ STARTREK [その他書籍]

タイトル: ミニ STARTREK
作者  : 池 孝三
掲載誌 : マイコンを楽しむためのBASICマスター
個人評価: ★★


※ MB-6880(L1)用 L2以降で実行するには BASIC COMPILER/BM(I/O 1981年6月号掲載)が必要


コマンド 【1】 光子魚雷
コマンド 【2】 移動
コマンド 【3】 ワープ

・光子魚雷でクリンゴンを撃破
ミニ STARTREK コマンド1 撃墜.png

・基地にドッキングして補給を受ける
ミニ STARTREK コマンド2 ドッキング成功.png

・エネルギー切れで終了
ミニ STARTREK game over.png

・クリンゴンを全滅させて我が軍の勝利!
ミニ STARTREK 勝利!.png


マイコンゲーム初期のヒット作、スタートレックの簡略版。
初代ベーシックマスターはRAMが4Kしか搭載されていなかったので、4kで遊べるようにかなりルールが省略されていますが、それなりに「スタートレック」らしさは味わえるように出来ています。

ただ、基地に何度もドッキングして際限なく補充を繰り返せるなど、ゲームバランスに多少難あり。


タグ:L1
nice!(0)  コメント(0) 

スペース・ハンティング [I/O別冊 徹底研究シリーズ]

タイトル: スペース・ハンティング
作者  : 樋口 二郎
掲載誌 : マイコン・ゲーム徹底研究
個人評価: ★★

※ MB-6880(L1)用 L2以降で実行するには BASIC COMPILER/BM(I/O 1981年6月号掲載)が必要


ゲーム開始 【RETURN】

上下左右移動 【E】【X】【S】【D】
上下左右攻撃 【O】【,】【K】【L】
ビーム取消 【スペースキー】

再ゲーム 【RETURN】


・スタート画面 【RETURN】を押すとゲーム開始
スペース・ハンティング スタート画面.png

・ゲーム画面1  ビーム発射
スペース・ハンティング ゲーム画面1.png

・ゲーム画面2  敵に命中
スペース・ハンティング ゲーム画面2.png

・game over
スペース・ハンティング game over.png


四方にビームを撃てる自機を操作して、画面上の敵を50機撃ち落とす時間を競うゲーム。
敵は動きませんが、一定時間たつと消滅して再度現れます。

かなり貴重な読者投稿による、MB-6880(L1)のゲームです。

タグ:L1
nice!(0)  コメント(0) 

クリンゴンせん滅ゲーム [その他書籍]

タイトル: クリンゴンせん滅ゲーム
作者  : 池 孝三
掲載誌 : マイコンを楽しむためのBASICマスター
個人評価: ★★

※ MB-6880(L1)用 L2以降で実行するには BASIC COMPILER/BM(I/O 1981年6月号掲載)が必要


・ゲーム画面 ミサイル ハズレ
クリンゴン殲滅ゲーム ハズレ.png

・ゲーム画面 ミサイル 命中!
クリンゴン殲滅ゲーム 命中.png

・敗北
クリンゴン殲滅ゲーム 敗北.png

・勝利
クリンゴン殲滅ゲーム 勝利.png


10本のミサイルを使って敵を倒す、魚雷戦ゲームに似たゲーム。
敵は8×8のマス目の何処かに4機ならんで潜んでいる。
ミサイルはX,Y座標の順にインプットして発射、敵座標に当たると自動追尾装置が働き4機編隊のドレかに当たる。
撃ち込んだ座標の敵に当たるとは限らないという、変な仕様のゲーム

DeBug?

14行 GOSUB 570 は GOSUB 510
300行 :PR が一つ多いので削除
1030行 CURSOR=A*2,B*2+7 は CURSOR=A*2,B*2+6


タグ:L1
nice!(1)  コメント(0) 

画面表示付き音楽自動演奏 [月刊マイコン]

タイトル: 画面表示付き音楽自動演奏
作者  : 芹沢 寿樹 (日立製作所)
掲載誌 : 月刊マイコン 1978年8月号
個人評価: -

※ MB-6880(L1)用 L2以降で実行するには BASIC COMPILER/BM(I/O 1981年6月号掲載)が必要


・実行画面1
画面表示付き音楽自動演奏 1.png

・実行画面2
画面表示付き音楽自動演奏 2.png

・実行画面3
画面表示付き音楽自動演奏 3.png

・実行画面4
画面表示付き音楽自動演奏 4.png

・実行画面5 終了
画面表示付き音楽自動演奏 5.png


画面を表示しながら音楽演奏をするデモソフト。
ベーシックマスター MB-6880 の紹介記事に付いていたデモプログラムですが、この機種の特徴を紹介するために良く出来たデモだと思います。

debug?
680行は不要
1310行 IF=-1 は F=-1
1320行と1330行の N=Z は N=2
1510行の CURSOR=Q,14 は CURSOR=0,14
1620行の CHRS(A) は CHR$(A)
だと思います。

タグ:L1
nice!(0)  コメント(0) 

換算表プログラム [ベーマガ 1984年]

タイトル: 換算表プログラム
作者  : 武田 和彦 1984年11月号
掲載誌 : マイコンBASICMagazin
個人評価: -


スタート 【S】

長さ/重さ/面積/体積/終了 【K】【L】【N】【M】【O】

・タイトル
換算表プログラム タイトル.png

・メニュー
換算表プログラム メニュー.png

・長さ
換算表プログラム 距離.png

・終了
換算表プログラム 終了.png


長さ(m)、重さ(㎏)、面積(㎡)、体積(㎥)、を入力すると別の単位に計算してくれる実用プログラム。

500行の”ヘイホウルートル” は ”ヘイホウメートル” だと思います。
400行の”ポント” は ”ポンド” が正解だと思うけど修正すると字が外枠にかかってしまいます。
nice!(0)  コメント(0) 

CANDLE [ベーシックマスター活用研究]

タイトル: CANDLE
作者  : 森 巧尚
掲載誌 : ベーシックマスター活用研究
個人評価: ★★★★★


ゲーム開始 【S】

上下左右移動 【I】【M】【J】【K】
火をはく 【スペースキー】


・タイトル
CANDLE タイトル.png

・ゲーム画面1
CANDLE ゲーム画面.png

・ゲーム画面2 火をはいてキャンドルに火を灯す
CANDLE ゲーム画面2.png

・Miss1 キャンドルの胴体に火をはくと溶けだしたロウで固まって死にます
CANDLE miss1.png

・Miss2 背伸びしたまま横移動するとコケて死にます
CANDLE miss2.png

・Miss3 もちろんキャンドルに捕まっても死にます
CANDLE miss3.png

・game over
CANDLE game over.png


火をはく怪獣を操作して動き回るキャンドルに火を灯すゲーム。
とてもよく遊んだゲームですが、ゲーム内容よりも自分にとって影響があったのは記事中の最後の言葉
「オールBASICでも これだけのゲームが出来るのです!!!」
この言葉に力を貰い、マシン語が理解できなかった自分でも面白いゲームを作れると信じてプログラミングに熱中しました。
残念ながら自分の能力は、森さんの足元にも及ばなかったので駄作を作り続けてしまうのでしたが…

ゲームはとても面白いのですが、攻略法が記事に書いてあるので若干飽きるのが早かったのがチョッと残念でした。


nice!(0)  コメント(0) 

WINE CELLAR [ベーマガ 1984年]

タイトル: WINE CELLAR
作者  : 一夜
掲載誌 : マイコンBASICMagazin 1984年10月号
個人評価: ★★★

・ LOAD前に CALL$E37E【RETURN】


ゲーム開始/終了 【Y】/【N】

上下左右移動 【A】【Z】【,】【.】
ブドウを投げる 【スペースキー】

・タイトル
WINE CELLAR タイトル.png

・ゲーム画面1
WINE CELLAR ゲーム画面1.png

・ゲーム画面2
WINE CELLAR ゲーム画面2.png

・game over
WINE CELLAR game over.png


動き回るワイングラスに葡萄を投げつけて出来たワインを飲むゲーム。
グラフィック利用でワイングラスの動きが可愛らしい。
グラスに葡萄を当てると、もう一方のグラスが追いかけてくるので、よく考えて葡萄を当てないと直ぐに捕まってしまいます。
ルールが単純なようで、頭を使うゲームです。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -